Shigeru Kan-noさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 201904月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

月別ブログ(日記)一覧

201904

201903

201902

201901

201812

201811

201810

201809

201808

201807

201806

201805

366. ボンの「クセルキス」1月18日、XERXES(SERSE)

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

時折かかる演目だが自分にとっては今回が初めて。事前にそんなに売り切れてなかったが、当日にいきなり聴衆がいっぺんにやってきてガルデローベがいっぱいになってしまった。

オケはコントラバスが両サイドに1台ずつ。6.5.4.3.2の弦で声は聴こえやすくなるが何時ものようにすごい節約ぶりである。スコアにはホルン2とトランペット2も入っているがほとんどユニゾンなのでカットされて省略されている。あるのはリコーダー2とオーボエ2だけである。

5分遅れで開始。通奏低音にリュートが加わってほとんどチェンバロと一緒にやっている。序曲の後にすぐガラコンサートでよくかかる有名なアリアが来る。しかし出だしのリズムが曖昧でその緩んだ姿勢が歌手にも移ってしまって立ち上がりが非常に弱い。有名すぎるので一生懸命大振りで指揮をしているのだけれども一旦ついた癖は元には戻らない。元々大振りは必要のないアリアレチタティーヴォ・セッコはほとんどチェンバロとリュートで仕上げる。舞台の大道具が美しいがむしろ子供向けである。戦車が出てきてモダンなロシア風兵隊人形の服装。モーツァルトの「コジ」を思わせる楽句。弦はソロであっても全部ヴィブラートしていない。

今回はすべてカウンター・テノアを使わないで女のズボン役だけで上演してしまっている。しかしコロラトウーラが多いのでシチリア・バルトリ並みの水準とは行かない。

わざと止まった指揮棒を歌手が愛嬌で叩いてまた始動させる。いたるところにモーツァルトやロッシーニに見られるブッファの要素がちりばめられる。65分。

ピットのパート譜を見るとカットだらけでざっと3分の1はある。これほどカットするとまた代替え歌手が効かない恐れもある。右側の第二ヴァイオリンとヴィオラが入れ替わっている。

兵隊の人形の目が面白く動くが後ろからだとあまり見えない。次にサングラスが動く。しかし照明の明るさには勝てない。レチタティーヴォはハレルヤ・コーラスの出の引用。キリンやシマウマ、ヤギなどが出てきて完全に子供向けの舞台。もうチェンバロの音の調子が狂い始めている。最後に恐竜も出てきてしまう。チェンバロでバッハの平均律のハ長調の有名な前奏曲。小柄な女性歌手のタイトルロールは派手に髭付けて最高にみっともない格好だが最後の歌唱で大いに盛り上げる。55分。



18 Jan
19:30 H

26 Jan
19:30 H

24 Feb
16:00 H

13 Mrz
19:30 H
Opernhaus
GEORG FRIEDRICH HÄNDEL (1685 –1756)
Dramma per musica in drei Akten
Text nach einem Libretto von Nicolò Minato und silvio stampiglia
In italienischer Sprache mit deutschen Übertiteln
Dauer: c.a 140 Minuten (Pause nach 65 Minuten)
XERXES gehört zu Händels letzten Opern. Der ausgefeilte und virtuose Spätstil des damals schon erheblich kränkelnden Komponisten manifestiert sich hier exemplarisch. Nicht nur die überraschende, ganz für sich stehende erste Xerxes-Arie Ombra mai fu (eine inhaltlich fast absurde Liebeserklärung an einen Baum) deutet auf eine Erneuerung seiner Dramaturgie hin, sondern auch der weitgehende Verzicht auf Da-capo-Formen bei den Arien und deren rasante Wechsel mit extrem knapp gehaltenen Rezitativen. So nimmt die Oper ein schwindelerregendes Tempo auf. Händels Spätwerk ist eine bissige Persiflage auf die Sehnsüchte, die Verzweiflung und Macken sowie auf den (selbst)zerstörerischen Größenwahn des Machthabers und zugleich auf eine in sich verstrickte Gesellschaft.
Am Ende der Oper wird der präpotente Herrscher in seine Schranken verwiesen und gelangt schmerzlich zu der Erkenntnis, dass seine Macht keine Gefühle steuern kann. Kann er denn wenigstens zum Glück bei seiner geliebten Platane zurückfinden?
Leo Muscato, italienischer Theaterautor und Regisseur, gibt mit Händels Oper sein Deutschlanddebut. Für internationale Aufmerksamkeit sorgte seine 2017 in Florenz herausgekommene CARMEN, die, als „feministische Inszenierung“ charakterisiert, erstmals auf der Opernbühne das serielle Frauenmorden in Italien (femminicidio) thematisierte.
Besetzung
Serse-König von Persien
Luciana Mancini
Arsamene
Kathrin Leidig /
Zvi Emanuel-Marial [15.12]
/ Hasti Molavian [30.12]
Amastre
Susanne Blattert
Ariodate
Leonard Bernad
Romilda
Louise Kemény
Atalante
Marie Heeschen
Elvio
Martin Tzonev
Cembalo
Felix Schönherr / Julia Strelchenko


Statisterie des Theater Bonn

Beethovenorchester Bonn



Musikalische Leitung
Rubén Dubrovsky
Inszenierung
Leonardo Muscato
Bühne
Andrea Belli
Kostüme
Katia Bottegal
Licht
Max Karbe


Regieassistenz und Abendspielleitung
Mark Daniel Hirsch
Studienleitung
Julia Strelchenko
Bühnenassistenz
Johanna Bajohr, Ansgar Baradoy
Kostümassistenz
Dieter Hauber
Kostümhospitanz
Sophie Gehrke
Inspizienz
Tilla Foljanty
Inspizienzhospitanz
Olaf Reinecke
Soufflage
Stefanie Wüst
Sprachcoach
Maria Teresa Picasso-Menck

 作曲家 指揮者 ピアノ 現代音楽 オペラ∩声楽曲


日付:2019年01月20日

2件のコメント

  1

このブログ(日記)へのコメント

Shigeru Kan-no

最近はデュッセルドルフでもセルセがかかっている。今日はラジオでもちょっとした大流行!                                  

20.04




WDR 3 Oper




:Stereo




Serse

Oper in 3 Akten von Georg Friedrich Händel

Serse: Judith Malafronte, Mezzosopran

Romilda: Jennifer Smith, Sopran

Atalanta: Lisa Milne, Sopran

Amastre: Susan Bickley, Mezzosopran

Arsamene: Brian Asawa, Countertenor

Elviro: David Thomas, Bass

Ariodate: Dean Ely, Bariton

Hanover Band and Chorus, Cembalo und Leitung: Nicholas McGegan

2019年01月20日 20時47分51秒

Shigeru Kan-no

WDR3でも解説。
12.04 WDR 3 Meisterstücke

2019年01月20日 20時52分41秒

2件のコメント

  1

トラックバック

このブログのトラックバック Ping-URL :
http://www.c-music.jp/tbblog.php?id=16227


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

マンモス
ター+ 
ビックバ
ンド・・・

先日より、MBS「関西発!才・・・(uzuさん)


幾何学模
様の楽譜

当然ご存知の方も多いと思いま・・・(yuuji51さん)


ワーグナ
ー:リエ
ンツィ序
曲と・・・

私のブログに主題の件、更新し・・・(yuuji51さん)


新規会員

yuuji51
さん

「クラシック名曲・名演・名盤・・・


imanari
さん

CD/mp3で聴く専門です。・・・


ピティナ
さん

1966年に発足した、ピアノ・・・


公開マイスペース

5/5 雑司
谷 拝鈍
亭「やぎ
・・・

ケーナ奏者 八木倫明 率いる・・・(Nobue Kanekawaさん)


オルケス
トラ・ク
ラシカ第
9回・・・

室内管弦楽団オルケストラ・ク・・・(concertさん)


日本小児
科学会市
民公開講
座 ・・・

4月21日(日)16:00〜・・・(?さん)