むらしんさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 201908月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

月別ブログ(日記)一覧

201908

201907

201906

201904

201903

201902

201901

201812

モーツァルトとラモーを繋ぐ糸

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

図書館で、アマデウスの父のレ―オポルトについての本を呼んでいると、彼がマールプルクと知り合いだったらしい事が解った。
 
出た。マールプルクって、なんか理屈っぽい音律を発表してた人だ。
 
マールプルク 1718年 - 1795年
レ―オポルト 1719年 - 1787年
 
おお、生まれ年が1年違うだけなのか。ほぼ同世代だ。
 
Wikipediaを見ると、こうある。
> 作曲家のジャン=フィリップ・ラモーなどの
> 重要な知識人らと面識を持っている。
(中略)
> 彼の『通奏低音と作曲の手引き
> Handbuch bey dem Generalbasse und
> der Composition』及びダランベール著
> の『音楽の原理 Elémens de musique』
> の訳書は、ドイツの音楽理論界における
> ラモー受容の先駆けとなった。
 
キター!!ラモー!!
フランス人がフランス語で書いた音楽理論書を
ドイツ人がどうやって知ったのか謎だったが、
こうやって訳書がちゃんと出てたんじゃん。
 
てことは、やっぱりレオポルトがそういう訳書
を通じてラモーの音楽理論を勉強してた可能性
が出てくるじゃん
 
なので、アマデウスがラモーの理論に
矛盾しない作曲をしているのにも
ちゃんと訳があるかもしれないことになる。
 
マールプルクのピアノ教本
http://mimeyama.hatenablog.com/entry/2017/04/02/10...
アマデウスが生まれるのが 1756年だから、
その時、マールプルクのピアノ教本は
既に有ったわけだ。
 
息子のために自分のキャリアを投げ捨てて
英才教育に励んだレ―オポルトの事だから、
当時まだ珍しかったピアノ教本を
何としてでも手にいれたはずだ。
何より、レ―オポルトはバイオリン教本を
書いて出版しているから、マールプルクの
これを知らなかった訳が無いよな。
 

 
 

 古楽 ピアノ


日付:2019年02月11日

トラックバック

このブログのトラックバック Ping-URL :
http://www.c-music.jp/tbblog.php?id=16236


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

ショパン
「雨だれ
」をYout
・・・

 ショパンのエチュードの制作・・・(むらしんさん)


ラモー「
和声論」
の日本語
訳本

自然の諸原理に還元された 和・・・(むらしんさん)


ベートー
ベンと古
典音律の
組み・・・

ベートーベン No.8 Op・・・(むらしんさん)


新規会員

Tomomiさ

はじめまして、Tomomiと・・・


勝っちゃ
んさん

皆さんはじめまして。クラッシ・・・


yuuji51
さん

「クラシック名曲・名演・名盤・・・


公開マイスペース

紫苑交響
楽団第34
回定期演
奏・・・

<日時>2019年9月7日(・・・(しおんさん)


フルート
とファゴ
ットによ
る初・・・

太田嘉子(フルート)・太田 ・・・(concertさん)


6/2sun.
トロンボ
ーンと・・

モダンな雰囲気の空間でのサロ・・・(Nobue Kanekawaさん)