むらしんさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 201904月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

月別ブログ(日記)一覧

201903

201902

201901

201812

モーツァルトとラモーを繋ぐ糸

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

図書館で、アマデウスの父のレ―オポルトについての本を呼んでいると、彼がマールプルクと知り合いだったらしい事が解った。
 
出た。マールプルクって、なんか理屈っぽい音律を発表してた人だ。
 
マールプルク 1718年 - 1795年
レ―オポルト 1719年 - 1787年
 
おお、生まれ年が1年違うだけなのか。ほぼ同世代だ。
 
Wikipediaを見ると、こうある。
> 作曲家のジャン=フィリップ・ラモーなどの
> 重要な知識人らと面識を持っている。
(中略)
> 彼の『通奏低音と作曲の手引き
> Handbuch bey dem Generalbasse und
> der Composition』及びダランベール著
> の『音楽の原理 Elémens de musique』
> の訳書は、ドイツの音楽理論界における
> ラモー受容の先駆けとなった。
 
キター!!ラモー!!
フランス人がフランス語で書いた音楽理論書を
ドイツ人がどうやって知ったのか謎だったが、
こうやって訳書がちゃんと出てたんじゃん。
 
てことは、やっぱりレオポルトがそういう訳書
を通じてラモーの音楽理論を勉強してた可能性
が出てくるじゃん
 
なので、アマデウスがラモーの理論に
矛盾しない作曲をしているのにも
ちゃんと訳があるかもしれないことになる。
 
マールプルクのピアノ教本
http://mimeyama.hatenablog.com/entry/2017/04/02/10...
アマデウスが生まれるのが 1756年だから、
その時、マールプルクのピアノ教本は
既に有ったわけだ。
 
息子のために自分のキャリアを投げ捨てて
英才教育に励んだレ―オポルトの事だから、
当時まだ珍しかったピアノ教本を
何としてでも手にいれたはずだ。
何より、レ―オポルトはバイオリン教本を
書いて出版しているから、マールプルクの
これを知らなかった訳が無いよな。
 

 
 

 古楽 ピアノ


日付:2019年02月11日

トラックバック

このブログのトラックバック Ping-URL :
http://www.c-music.jp/tbblog.php?id=16236


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

マンモス
ター+ 
ビックバ
ンド・・・

先日より、MBS「関西発!才・・・(uzuさん)


幾何学模
様の楽譜

当然ご存知の方も多いと思いま・・・(yuuji51さん)


ワーグナ
ー:リエ
ンツィ序
曲と・・・

私のブログに主題の件、更新し・・・(yuuji51さん)


新規会員

yuuji51
さん

「クラシック名曲・名演・名盤・・・


imanari
さん

CD/mp3で聴く専門です。・・・


ピティナ
さん

1966年に発足した、ピアノ・・・


公開マイスペース

5/5 雑司
谷 拝鈍
亭「やぎ
・・・

ケーナ奏者 八木倫明 率いる・・・(Nobue Kanekawaさん)


オルケス
トラ・ク
ラシカ第
9回・・・

室内管弦楽団オルケストラ・ク・・・(concertさん)


日本小児
科学会市
民公開講
座 ・・・

4月21日(日)16:00〜・・・(?さん)