Museクラシック音楽辞典〜クラシック音楽用語「狂乱の場」〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

Museトップページ   »  Museクラシック音楽辞典トップ

狂乱の場

Museクラシック音楽辞典では、Museに会員登録(無料)いただいていれば、
誰でも『狂乱の場』の記事を書くことが出来ます。皆様と作っていく辞典です。


ドニゼッティやベッリーニなどが活躍した19世紀のイタリアで流行した。
主人公がドラマの途中で悲しみの挙句、狂乱し華やかな装飾音符に彩られたアリアを歌う。

この時代はソプラノプリマドンナが人気になり、その超絶技巧を披露するためにコロラトゥーラと呼ばれる技巧が発達したといわれている。


最も有名な「狂乱の場」は、ドニゼッティの「ランメルモールのルチア」第二幕。恋人と無理矢理引き裂かれ、意の沿わぬ男と結婚させられたルチアは、結婚式の新婚の床で狂乱し、夫を殺害する。そのあと、血のついた白い衣装のまま、狂乱のアリアを歌う。

狂乱の場にはフルートなどの木管楽器の伴奏がつくことが多い。

by 由紀


皆様に登録いただいた『狂乱の場』をGoogleで検索することが出来ます


フリーワード検索(GoogleでMuseのページを検索できます。)



登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

417. ボ
ンの「国
立劇場」
・・・

Szenische Komp・・・(Shigeru Kan-noさん)


整理
古い楽譜を整理しました。一部・・・(シャルルさん)


Pretende
r [Off・・

Pretender作詞作曲:・・・(uzuさん)


新規会員

Yuriさん
はじめまして(^^♪関西を中・・・


hikoさん
皆様、初めましてhikoと申・・・


berrybe
rryさん

こんにちは。berryber・・・


公開マイスペース

金川信江
clarinet
〔音・・・

音楽.. 写真.. 心をほぐ・・・(Nobue Kanekawaさん)


足跡帳
足跡帳を作成しましたので書き・・・(tea for twoさん)


足跡帳
初めまして。何も解らずに登録・・・(さん)