Shigeru Kan-noさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 201705月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

月別ブログ(日記)一覧

201705

201704

201703

201702

201701

201612

201611

201610

201609

201607

201606

283. ハッピーアワー、シューマンの合唱曲、WDR, 2月9日

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

283. ハッピーアワー、シューマンの合唱曲、WDR, 2月9日

何時ものタダのビールの出る1時間のプログラムはまず昼の無料の公開プロ―ベから入り込む。前の横の席で聴いているが合唱がオケのひな壇の割には意外と聴こえる。手締めのシングルスクリュー・テインパニ。コントラバス5.男のハープ奏者は指揮者の前。チューバ。ハインツ・ホリガーが解説。シュトット放送響の首席客演で同僚のハインリッヒ・シフが死んでからオーボエよりもかなり寂しく指揮を続けている。新作の作品の発表も聴かない。ラッヘンマンやツェンダーーと同じく現代作曲家の中でシューマンが好きで全曲のCDを任せられているが交響曲と協奏曲が全部終わったので合唱曲に入ったらしいが、何しろやったことも聴いたこともないので、かなりカタツムリ状態で指揮する以外には無いらしい。スコアもドーヴァーでも出版されていなくてコピーで指揮する。

『エーデンハルの幸せ』(作品143)と『うたびとの呪い』(作品139)を混ぜてカットした型で通してみせる。ギリシャ悲劇からの作詞。各役割があるのでオラトリオの一種である。様式はあの最晩年の「ファウスト」からの情景と全く同じ。シューベルトが転調の名人に対してシューマンは偶成和音の大家。意外と間のメンデルスゾーンが抜けていてそれでもロマン色彩オーケストレーションの先駆者と言えようか?ただCDにしてはまず売り上げは無いから最優先は放送用の録音。

3本のトランペットの素敵なファンファーレ。ベートーヴェン風の6の和音。女声よりも男声陣のソリが優秀。単純な音起こしの作業は意外と疲れる。指揮者のカットの譜めくりでで大きな中断。ハープが救いだが何時ものキチガイ・オーケストレーションは健在。世俗合唱曲の歴史はこの時代に大きく花開いだ。指揮者は合唱に比重を置く事はない。10分オーバーで終了。

09.02.2017 Donnerstag 12:30 Uhr
WDR Rundfunkchor Köln, WDR Sinfonieorchester Köln, H. Holliger
Kölner Philharmonie

WDR Rundfunkchor Köln

WDR Sinfonieorchester Köln
Heinz Holliger

Auszüge aus dem Programm von 19:00 Uhr:

Robert Schumann
Das Glück von Edenhall op. 143 (1853)
Ballade für Soli (Männerstimmen), Männerchor und Orchester. Text von Richard Hasenclever nach Ludwig Uhland

Robert Schumann
Des Sängers Fluch. Ballade op. 139 (1851/52)
für Soli, gemischten Chor und Orchester. Text von Ludwig Uhland, bearbeitet von Richard Pohl

30 Minuten einer Probe erleben: Eine halbe Stunde vom Alltag abschalten, die Mittagspause oder den Stadtbummel unterbrechen und das tägliche Einerlei vergessen.

PhilharmonieLunch wird von der KölnMusik gemeinsam mit dem WDR Sinfonieorchester Köln und dem Gürzenich-Orchester Köln ermöglicht.

PhilharmonieLunch ist für den Besuch mit Babys und Kleinstkindern nicht geeignet. Wir behalten uns vor, bei diesen Veranstaltungen Kinder erst ab dem Kindergartenalter (3 Jahre) in den Saal einzulassen.

Bitte nutzen Sie stattdessen die zahlreichen Musikangebote für Familien mit Babys und kleinen Kindern unserer Reihe PhilharmonieVeedel.


Website des Veranstalters:
Westdeutscher Rundfunk Köln

8時からではなくてこの規格は何時も7時に始まる。合唱の後ろに席を構えるが今回はそんなに良く聴こえない。声がオケの中に入り込みすぎている。隣の客は上品そうに小さな声なのでフランス人かと思ったが実際は良くしゃべるイタリア人。2本のホルンはナチュラル。残るはバルブ。最初に解説があって、ホリガーはスイス人だから変なドイツ度だが何とかわかるでしょうと言う事で演奏。作品143は男性ソリ2人。トライアングル。11、10、8、6、5の弦。メンデルスゾーンの「ワルプルギスの夜」のようにソリとコアが何時も交代で話が進みオペラのような雰囲気。ティンパニ3個。とにかくみんなにとって新曲同様で慣れていない。あんまり要点がつかみ切れていない。コアの中のソロもあって13分で終わる。

また少し解説があって作品139(1952).トライアングルなしトランペット2.交響曲にないチューバはそのまま残る。ソリ・コーラスと共に女声が弱い。同じようにオペラのように劇的に進行。ホルンが良く割れるのは2本の自然ホルンがあるおかげである。

何時ものようにすぐに無料のビール1杯だけ飲んで電車に飛び込む。隣の電話しているお姉ちゃんは今度は本物の上品なフランス語だった。


09.02.2017 Donnerstag 19:00 Uhr

Happy hour – Klassik um Sieben.
J. Borchert, I. Danz, C. Elsner, D. Schmutzhard, M. Bittner, WDR Rundfunkchor Köln, R. Blank, WDR Sinfonieorchester Köln, H. Holliger, M. Bongard: Schumann
Kölner Philharmonie

Julia Borchert Sopran
Ingeborg Danz Alt
Christian Elsner Tenor
Daniel Schmutzhard Bariton
Manfred Bittner Bass

WDR Rundfunkchor Köln
Robert Blank Einstudierung

WDR Sinfonieorchester Köln
Heinz Holliger Dirigent

Matthias Bongard Moderation

Happy hour – Klassik um Sieben

Robert Schumann
Das Glück von Edenhall op. 143 (1853)
Ballade für Soli (Männerstimmen), Männerchor und Orchester. Text von Richard Hasenclever nach Ludwig Uhland

Robert Schumann
Des Sängers Fluch. Ballade op. 139 (1851/52)
für Soli, gemischten Chor und Orchester. Text von Ludwig Uhland, bearbeitet von Richard Pohl


Website des Veranstalters:
Westdeutscher Rundfunk Köln

09.02.2017 Donnerstag 19:00 Uhr
Karten bestellen
Happy hour – Klassik um Sieben.
J. Borchert, I. Danz, C. Elsner, D. Schmutzhard, M. Bittner, WDR Rundfunkchor Köln, R. Blank, WDR Sinfonieorchester Köln, H. Holliger, M. Bongard: Schumann
Kölner Philharmonie

Julia Borchert Sopran
Ingeborg Danz Alt
Christian Elsner Tenor
Daniel Schmutzhard Bariton
Manfred Bittner Bass

WDR Rundfunkchor Köln
Robert Blank Einstudierung

WDR Sinfonieorchester Köln
Heinz Holliger Dirigent

Matthias Bongard Moderation

Happy hour – Klassik um Sieben

Robert Schumann
Das Glück von Edenhall op. 143 (1853)
Ballade für Soli (Männerstimmen), Männerchor und Orchester. Text von Richard Hasenclever nach Ludwig Uhland

Robert Schumann
Des Sängers Fluch. Ballade op. 139 (1851/52)
für Soli, gemischten Chor und Orchester. Text von Ludwig Uhland, bearbeitet von Richard Pohl

Website des Veranstalters:
Westdeutscher Rundfunk Köln

 作曲家 指揮者 ピアノ 現代音楽 オペラ∩声楽曲


日付:2017年02月11日

トラックバック

このブログのトラックバック Ping-URL :
http://www.c-music.jp/tbblog.php?id=15977


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

300. 「
ドン・パ
スクアー
・・・

300. 「ドン・パスクアー・・・(Shigeru Kan-noさん)


299. 「
アッティ
ラ」、ボ
・・・

299. 「アッティラ」、ボ・・・(Shigeru Kan-noさん)


メーテル
リンク

昨日、童話「青い鳥」をモチー・・・(ブルーベリーさん)


新規会員

東京ムジ
ーク・フ
ローさん

東京ムジーク・フローは196・・・


のえるさ

こんにちわ!のえるです!!ピ・・・


ローズピ
アノサロ
ンさん

はじめまして。神奈川県厚木市・・・


公開マイスペース

グレゴリ
ーセドフ
 ピッコ
ロヴ・・・

2017年6月10日(土)開・・・(kkさん)


グレゴリ
ーセドフ
 ステッ
プト・・・

ロシア文化フェステシバル公式・・・(kkさん)


フィルハ
ーモニア
・ブルレ
スケ・・・

このたび、フィルハーモニア・・・・(ブルレスケさん)