Nobue Kanekawaさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 201812月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

月別ブログ(日記)一覧

201810

201809

201808

201806

201802

201801

御礼と種

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

東京周辺では、日曜日の深夜にやってきた台風の暴風には、とても驚きました。被害や移動の困難などに遭われた皆さまには、お見舞い申し上げます。

その前日、土曜日も雨ではありましたが、「木陰のギャラリーコンサート」お陰様で無事に終了いたしました。ご来場くださった皆さま、励まし応援してくださった皆さま有り難うございます。コンサートのトークの中で、事前に御参りした近隣の雑司ヶ谷鬼子母神の御利益で、台風直撃は免れて有難いことです、とお話ししましたが、改めて本当にそう感じています。近く御礼の御参りに伺おうと思います。

さて今回も、写真を本の挿絵のような感覚で、音楽のイメージとつなげ、音楽の種、想像の種、としてコンサートで使用しました。アンコールを含めて12曲演奏した中から、3点。

1つ目の写真は、シベリウス/思い出 op.99-3 を思い浮かべながら撮影しました。憂いを帯びた旋律です。人が思いを巡らせる時、時間や空間を行ったり来たり、ときには重なるような感覚があるのではないでしょうか。洋館にあったグラス等がおさめられたガラスのキャビネットに、背景の光や情景が映り込んでいるようすで表しました。

2つ目の写真は、ブラジルの作曲家エルネスト・ナザレーが作曲した、感じる心 Coração que Sente にあわせてみました。どこか懐かしさも感じる旋律を持つワルツです。やはり緩やかな曲線を描きながらも、欧州のワルツとはひと味違った、軽やかさや透明感のある輝きを持っています。

3つ目の写真、今回は、ドヴォルザーク/ロマンティックな小品 op.75-1 にあわせてみました。この写真は、この曲に限らず、様々な音楽の想像の種となり得るものかもしれません。コンサートの1ヶ月前に、会場となるGallery鶉を訪ね、池のある庭を眺めた時に、あの伸びやかで穏やかな曲をこの会場で演奏出来たら、心地良く素敵なのではないかと思い、プログラムに加えました。

 クラリネット 器楽曲 室内楽 ピアノ 吹奏楽∩管弦楽器


日付:2018年10月05日


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

Youtube
に聴き比
べ動画・・

https://www.yo・・・(むらしんさん)


ENSEMBLE
SENDA・・

皆さんこんにちは。12月も後・・・(ensemblesendaiさん)


261. べ
ナツキー
:白馬亭
・・・

Im weissen R&o・・・(Shigeru Kan-noさん)


新規会員

ピティナ
さん

1966年に発足した、ピアノ・・・


ensemble
sendaiさ

こんにちは。ENSEMBLE・・・


Rさん
小さい頃からクラシック音楽が・・・


公開マイスペース

■ サッ
クス ア
ンサンブ
ル(・・・

■ サックスアンサンブル(南・・・(uzuさん)


■ サッ
クス ア
ンサンブ
ル(・・・

■ サックスアンサンブル(北・・・(uzuさん)


■ サッ
クス ア
ンサンブ
ル(・・・

■ サックスアンサンブル(貝・・・(uzuさん)