Shigeru Kan-noさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 202406月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

月別ブログ(日記)一覧

202405

202403

202402

202312

202311

K-446. 白金フィルハーモニー管弦楽団 第32回定期演奏会

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

2023年10月1日(日)芸劇―池袋
14:00 開演 (13:00 開場)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール指揮:汐澤 安彦
・ムソルグスキー/交響詩「禿山の一夜」
・ボロディン/歌劇「イーゴリ公」より ダッタン人の娘たちの踊り、 ダッタン人の踊り
・ブラームス/交響曲第1番 ハ短調
先月はピカソの絵を見た福島県民の日、今月は都民の日で東京都現代美術館。結局は何でも素材になり何でも芸術化できるということ。音楽そのものを学ぶよりも手っ取り早く勉強できる。音楽の解説も美術の解説のように書くべきだし評論家の批評は百害あって一利なし。さすが東京都の催し物は桁違いで1か所しか行けないのが残念だ。
定点カメラ。I can see you. 全て曲になる。中国人の作品も多い。フィルムの逆走。まあー作曲のネタが無くなった場合にはここに来るに限る。芸術とはどっちみち売れないものを指すのだから事実上何やっても構わない。また演奏芸術は正確には芸術とは言えない、単に設計図を基にして再現しているだけで去る。
アマチュアなのでオケが倍管。事実上の明治学院のOB学生オケ。質もその偏差値に比例する。11分37秒。「禿山の一夜」は今では洗練されていても価値のなくなったリムスキー・コルサコフ版。寝ぼけたテンポは音楽がもう死んでいる。
「イーゴリ公」は舞台の原語全曲上演に限る。今でもドルトムントやカールスルーエの上演が忘れられない。とにかく弦がたくさんいるのに聴こえないので管はリズムが取れない。14分50秒。
ブラームスの作品68は弦に負担が来る曲は良いトレーナーがいないとついて行けない。提示部はいつものように繰り返さない。14分00秒。
最近の東京にアマオケのホルン奏者はどこでもプロの指導を受けているのが音色からわかる。テンポがせっかち。8分40秒。
跳躍すると弦が合わなくなる。ここ部分だけ良く練習されたい。5分10秒。
打楽器が煩い。ホルンの綺麗なこと。しかしあのバランスでいいのか?18分20秒。

アンコールはハンガリ舞曲第一番ト短調。

 作曲家 指揮者 ピアノ 現代音楽 オペラ∩声楽曲


日付:2023年11月19日

トラックバック

このブログのトラックバック Ping-URL :
http://www.c-music.jp/tbblog.php?id=17136


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

演奏会に
行った。

期日:6月8日(土)会場:か・・・(平行五度好きさん)


バッハ一
族の教会
音楽

僕が所属している合唱団の演奏・・・(hiroさん)


星条旗よ
永遠なれ
~マーチ
名曲・・・

ニューヨーク・フィルハーモニ・・・(星のジュウザさん)


新規会員

みかんさ

こんにちは。周りにクラシック・・・


平行五度
好きさん

合唱経験:高校から足掛け10・・・


みささん
音大卒(声楽専攻)です。現在・・・


公開マイスペース

初めまし
て。(足
跡帳)

ご挨拶代わりに私のシンフォニ・・・(平行五度好きさん)


株式会社
ルボア

オーボエ、ファゴットのダブル・・・(星のジュウザさん)


6/25tue.
「ふきも
の ・・・

和と洋語りと音楽特色のある公・・・(Nobue Kanekawaさん)