ブルーベリーさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 201804月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

月別ブログ(日記)一覧

201804

201801

201712

201711

201710

201708

201707

201706

201705

歌(主に合唱)と左翼

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

左翼系の合唱曲がたくさんあるのは昔から知っているし、その中に好きな曲もいくつかあります。しかし先日、左翼団体から合唱団になった団体をお手伝いしましたが、迷惑きわまりないですね。
オスプレイ反対とか、人権がどうとか。しかも、手伝っている間に伝統のある職場の合唱団が解散したのですが、そのとたんに同じ職場の左翼サークルから合唱団になった団体が、無くなった合唱団と同じ略称を使い始めました。無くなった合唱団は、僕が所属する合唱団の母体だったので、ムカつきましたが、文句を言うのはギリギリで止めました。
人権云々にしても、僕が差別される側なのですが、特に不都合は感じていないのに、左翼団体の方が騒ぎすぎています。人権問題は国内外を問わず場所が変われば内容も変わってくるのに、それを理解していないみたいですし、訴えている内容が昭和で止まっています。
一番ムカつくのが、そういう合唱団の実力が低すぎること。どこも、小学校低学年レベル。左翼の活動に重点を置いているからでしょうね。もっと実力があれば、もっと色々な左翼系の合唱曲が歌えるのに。
そしてショックだったのが、好きな作曲家の数人が左翼合唱団の先鋒にいたり、専門の新聞があったり。
左翼系の詩に曲をつけるのも、それを歌うのもいいけど、歌のレベルが低い左翼団体が合唱団を名乗り、入場料を取って演奏会を開くのはやめてほしい。それでなくとも、演奏会場や練習会場の確保が年々難しくなってるのに。特に僕の地元は、近年合唱団がポコポコできているのに。

 テノール・カウンターテナー バリトン・バス 声楽 オペラ∩声楽曲 指揮者


日付:2018年04月16日 New!

4件のコメント

  1

このブログ(日記)へのコメント

Shigeru Kan-no

ドイツではどこでもヒットラーを称えるネオナチ・ロックが流行っています。これってヨーロッパ中じゃなくてロシアまであるそうですね。入場料取るかどうか知らないけれど、問題になっています。

日本は労音が共産党、民音が創価学会ですね、政府が文化を全くやらないから偏った思想団体がコンサートを開くのです。でもショスタコーヴィッチの2番と3番の交響曲も森の歌も左翼クラシック音楽ではあります。

2018年04月16日 13時44分40秒 New!

ブルーベリー

創価学会の合唱団は、演奏レベルが高いからいいのですが、とにかく職場や地域の左翼サークルから変化した合唱団はレベルの低さとか、全体合唱で意味不明な曲を観客に歌わせたりとかで異彩を放っています。
手伝いに来た人に左翼系のチラシを無理矢理渡すのもやめてほしいなと思います。
今回僕は、受付で渡されそうになった時には「いやいや、それよりも」と、受け流して自分の合唱団や他の合唱団のチラシや、演奏会の申込用紙を渡しましたが、それでも休憩中に席に置かれたものは持って帰りました。
まあ、近くの古紙回収ボックスに捨てましたけど。

2018年04月17日 09時56分03秒 New!

Shigeru Kan-no

創価学会は組織力でレベルを高く持って行くんでしょ?

今年のベルリン・エコー・音楽賞は一旦人種差別を歌った極右バンドが表彰されましたね。そしたら世界中から審査員に抗議が来て一昨日賞を返還しましたね。しかし芸術に政治思想は関係ないとするそれを支持するクラシックのピアニストもいてそれに抗議して同じく賞を返しました。連日TVで放送されています。今もお昼のニュースで抗議が両サイドから広がっているところを放送しましたね。もうこの問題はめちゃくちゃです。

2018年04月19日 19時08分27秒 New!

Shigeru Kan-no

僕の電子音楽は制作中に国境が開いたばかりの東ドイツの学校でバッハやヘンデルの練習のついでにそこにあった共産主義のプロパガンダのテープの断片を持ってきてそれをコピーして歴史の証人としての素材に使いましたね。プロパガンダの意図はありませんが、そういう未来が明るくなりそうな時代に作った電子音楽と言う意味ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=IJnIhab7cMM

2018年04月19日 19時06分52秒 New!

4件のコメント

  1

トラックバック

このブログのトラックバック Ping-URL :
http://www.c-music.jp/tbblog.php?id=16140


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

歌(主に
合唱)と
左翼

左翼系の合唱曲がたくさんある・・・(ブルーベリーさん)


今回は出
るのかな

この話題をココに書くのは3回・・・(ブルーベリーさん)


333. GO
定期,シ
ェー・・・

コンサートの前に音楽図書館で・・・(Shigeru Kan-noさん)


新規会員

カシオペ
アさん

もう終わり支度の時を迎えよう・・・


katsuya
さん

ご覧頂きありがとうございます・・・


piano-tu
nerさん

初めまして。私はクラシック音・・・


公開マイスペース

市響ジュ
ニアオー
ケストラ
第・・・

毎年こどもの日は、市響ジュニ・・・(あるフルート奏者さん)


ピアニス
ト探して
おります

東京で吹奏楽の演奏会を開くに・・・(Joe Henryさん)


アジア・
エマヌエ
ルバッハ
室内・・・

アジア・エマヌエルバッハ室内・・・(MOMOさん)