Nobue Kanekawaさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 201702月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

月別ブログ(日記)一覧

201703

201702

201701

201612

201610

201609

201605

冬から春へ

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

季節が行きつ戻りつする様な天候が続いていますね。そうしながら、春はもうそこにあるのだなと感じる日も増えてきました。お庭が見える大好きな会場、目白のGallery鶉で、また『木陰のギャラリーコンサート』を開催させて頂きます。3月5日日曜日。この日は二十四節気の一つ、大地が暖まり春の訪れを感じる「啓蟄」だそう。とはいえまだ寒さも感じる時節。哀愁漂う甘美な名曲から、柔らく軽やかな旋律まで、冬から春へと向かうプログラムを考えています。大きな窓から見えるシンボルツリー、推定樹齢200年の柿の木の精霊に見守られながら、間近で味わう音楽。是非お運びください。

コンサート情報:
2017年3月5日日曜日『木陰のギャラリーコンサート in Gallery鶉』
http://cdf-music.com/cl/Schedule/entori/2017/3/5_m...



Gallery鶉のWebサイトにある、建築家の言葉も素敵です。
 http://gallery-jun.jp/about.html
ギャラリーの中は、石の床で一部天井が高いので、とても響きがよく、ヨーロッパの小さな教会で演奏しているような気分になります。ギャラリーですが、音楽家が喜んでコンサート会場として利用しています。
以前オーナーに、
「外国の小さな村の中心にある広場と教会のようですね。」とお話しすると、
「建築家の泉さんは、ヨーロッパに行かれていたこともあるようなので、そんな思いもあったのかもしれませんね。」とのことでした。
こちらでは秋に何度かコンサートをさせて頂いてきましたが、開催時期を少しずつ変えながら、季節毎の違った趣を味あわせて頂くのもいいなぁ。
オーナーは、冬から春先の、枝影が壁に映る様子もお好きだそうです。


「気ままなコンサートシリーズ」を、2010年に初めて開催させて頂てから、毎年継続させて頂いてきた古民家カフェ「谷中ボッサ」が、長野の松本へ引っ越し、「山辺ボッサ」として再開しているそうです。ここ数年は初夏に開催させて頂いていた谷中ボッサでのコンサートは、昨年7回目を迎え最後となりました。しばらくはGallery鶉を拠点として、また新しい出会いも探していけたらいいなと思っています。

 クラリネット 器楽曲 室内楽 ピアノ ヴァイオリン(バイオリン)


日付:2017年02月23日


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

286. Der
Revis・・

286. Der Revis・・・(Shigeru Kan-noさん)


合唱連盟
福岡県合唱連盟北九州支部がF・・・(ブルーベリーさん)


なぜチェ
ンバロや
クラヴィ
コー・・・

ピアノに比べたらチェンバロの・・・(Non C’èさん)


新規会員

Sop.tomo
さん

ソプラノの中山智美です。日本・・・


そのさん
さん

南大沢フィルハーモニーという・・・


HANAさん
初めまして!音大にて声楽を専・・・


公開マイスペース

南大沢フ
ィルハー
モニー第
12・・・

南大沢フィルハーモニーは地域・・・(そのさんさん)


Facebook
ページ

演奏家ページです。色々投稿し・・・(Sop.tomoさん)


はじめま
して

初めまして。どうぞ宜しくお願・・・(Sop.tomoさん)