むらしんさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 201911月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

月別ブログ(日記)一覧

202011

202008

202007

202006

202005

202004

202003

202002

Youtubeにショパン マズルカOp. 33 をUPしました。

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

Youtubeにショパン マズルカ Op. 33 (第22番〜25番)をUPしました。

https://www.youtube.com/watch?v=p5jL3yAHRI0
 
今、パリといえばこのような大通りのイメージがありますが、調べてみると、このような大通りが整備されたのは1850年代以降で、つまりショパンの生きた時代には、このような大通りはほんの少ししか無かったんですね。それまでは昔ながらの細い路地や平屋の建物が多かったらしく、かなり雰囲気は違ったようです。下水の整備も1850年代以降に急速に進められ、逆に言えばそれ以前は少しづつしか進められておらず、ショパンが生きた時代の衛生環境はあまりよくなかったようです。
 
イメージ画として選んだのは ルイ・マリー・ド・シェリーバー という人の絵です。芸術家というよりは職業画家的な所に位置づけられているのか、日本ではほとんど無名です。著作権が切れたのが比較的最近、ということも関係していると思うので、これから人気が出るかもしれません。この人の絵を今見ると、カラー写真の無かった時代のパリの様子を伝えるものとして、とても興味深いものがあります。
 
Googleで画像検索すると、似たような絵がたくさん出てきますが、時代とともに、がらっとファッションが変わっていく様子などを伺い知る事が出来ます。
 
絵の中で、花を買っている少女の奥に、赤ん坊を抱いた赤い帽子の正装の女性がいますね。赤ん坊の宗教的な儀式といえば、洗礼でもあったのしょうか。人生に1度のことですが、都心部の大きな教会でしょうから、日常的にどこかから洗礼を受けにくる赤ん坊が居たのかもしれませんね。
 

 古楽 ピアノ


日付:2019年11月01日

トラックバック

このブログのトラックバック Ping-URL :
http://www.c-music.jp/tbblog.php?id=16322


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)


丹田覚醒
してパ・・

コロナ禍でなかなか練習やレッ・・・(hiroさん)


Xmas☆ミ
ニコンサ
ート

皆さまいかがお過ごしでしょう・・・(Yuriさん)


2021年を
迎えて

 いかがお過ごしでしょうか。・・・(hiroさん)


新規会員

Yuriさん
はじめまして(^^♪関西を中・・・


hikoさん
皆様、初めましてhikoと申・・・


berrybe
rryさん

こんにちは。berryber・・・


公開マイスペース

金川信江
clarinet
〔音・・・

音楽.. 写真.. 心をほぐ・・・(Nobue Kanekawaさん)


クリスマ
ス特別編
〔音楽と
イマ・・・

ツイキャスプレミア配信として・・・(Nobue Kanekawaさん)


大江戸交
響楽団

2001年4月、東京都内に発・・・(星のジュウザさん)