Shigeru Kan-noさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 201912月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

月別ブログ(日記)一覧

202002

202001

201912

201907

201906

201905

201904

201903

405. ボンのバラの騎士、12月26日

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

、Der Rosenkavalier,Komödie für Musik in drei Aufzügen
von Richard Strauss (1864 – 1949),Text von Hugo von Hofmannsthal
Eine Koproduktion mit der Volksoper Wien - Mit Übertiteln -
240 Minuten zwei Pausen

始めにあんまり煽るとせっかく練習したのにオケが合いにくくなる。それでも強弱の対比に乏しいのはまだ眠っているからか?とにかく端正で室内楽的な前奏で高水準。オケは濁り安くなるので楽器の分離が良くなるような立体的な音の配置にしたい。舞台の奥行きが浅く感じる。

若いマーシャリン。彼女がここで十分に経験を次いで年取ってからウィーンに呼ばれるようになるのであろう。ウィーンではこの役が常時数人は待機して常住している。オケは慎重でまじめで丁寧で簡潔な伴奏。これとゾフィーによる声質の違いによるコントラストを出すのは毎回難しい。テンピが意外と早く進行していく。ウィーンと同じ黒人の子供による召使が出て来る階級社会。若いファンニナルはファルスタッフじゃなくて立派な若きジークフリートの様でどこで恥を掻くのやら?「歌手」はイタリア系で何とか怒られる最後まで持った。68分41秒。

コンバスは5だから12、10、8、6、5のオケピットのワーグナー用のフルのはず。二幕は豪華な大道具でも奥行きが狭く感じやはり気になる。このオペラはウィーン、シュトットガルト、ケルンと見て歩いても現代的に前衛爆発させて演出することが難しいらしい。音楽も台本も複雑で完全にそれに縛られるからであろう。

ゾフィーも声は大きいがオクタヴィアンと同じヴィブラート多すぎてあまりコントロール効かず。面白いが時差ボケが治らないので立ち見じゃないので寝てしまった。59分50秒。

三幕の序奏。ケルンやシュトットガルトよりも恐ろしいほど精巧に練習させてある。居酒屋の煙が霧のようになって出て来る。Attenzioneとスコアにはないイタリア語が飛び交う。

舞台裏のオケはあまりにも大きくはっきり聴こえるので録音のようだ。ファンニナルはどう見ても様にならないまじめすぎる品行方正なヘルデン・テノールである。声だけでは話にならないのがオペラのドラマトゥロギーだから配役ミスである。オクタヴィアンがピストル出したのがちょっと違う演出。エキストラが多数参加。どこよりも多いので視覚的には飽きない。マーシャリンが若く地味な衣装なので登場がかっこよく出て来れない。コスチュームミスである。最後の三重唱はこんなに近くで歌われどんどん声が出て大きくなる。クライマックスは大きくなりすぎて肝心のホルンが隠れてしまう。このオペラは大きくすれば最高の効果が出るわけでもないのである。

雪によるエンディング。終わりにかけてオケの伴奏はどんどん大きくなり声が隠れるようになってきた。これやるんだったら最初からやって欲しい。62分28秒。

Besetzung
Die Feldmarschallin Fürstin Werdenberg  Martina Welschenbach
Der Baron Ochs auf Lerchenau |
Tobias Schabel (Termine)
14.11. | 26.12. | 26.01. | 31.01. |
Octavian  Emma Sventelius
Herr von Faninal  Giorgos Kanaris
Sophie, seine Tochter  Louise Kemény
Jungfer Marianne Leitmetzerin  Yannick-Muriel Noah
Valzacchi  Johannes Mertes
Annina Susanne Blattert (Termine)
Ein Polizeikommissar  Martin Tzonev
Der Haushofmeister bei der Feldmarschallin  Taras Ivaniv
Der Haushofmeister bei Faninal  Jón Rúnar Arason
Eine Modistin  Katrin Stösel
Ein Notar  Egbert Herold
Ein Wirt  Jonghoon You
Ein Sänger  George Oniani (Termine)
Drei adelige Waisen  Yoonsoo Kil (Termine)
Ji Young Mennekes (Termine)
Ramuné Slizauskiene (Termine)
Ein Tierhändler  Takahiro Namiki
Vier Lakaien der Marschallin  Jae Hoon Jung (Termine)
Gintaras Tamutis (Termine)
Miljan Milovic (Termine)
Jeongmyeong Lee (Termine)
Vier Kellner  Dong-Wook Lee (Termine)
Sven Bakin (Termine)
Algis Lunskis (Termine)
Christian Specht (Termine)
Hausknecht  Eduard Katz
Chor  Chor des Theater Bonn
Kinder- und Jugendchor  Kinder- u. Jugendchor des Theater Bonn
Statisterie  Statisterie des Theater Bonn
Orchester  Beethoven Orchester Bonn
Musikalische Leitung  Dirk Kaftan (Termine)
Inszenierung  Josef Ernst Köpplinger
Bühne  Johannes Leiacker
Kostüme  Dagmar Morell
Licht  Boris Kahnert
Dramaturgie  Christoph Wagner-Trenkwitz
Choreinstudierung  Marco Medved
Einstudierung Kinder- und Jugendchor  Ekaterina Klewitz
Regieassistenz und Abendspielleitung  Ruben Michael
Regieassistenz  Maximilian Berling
Musikalische Assistenz  Lautauro Mura Fuentealba
Studienleitung  Pauli Jämsä
Korrepetition  Igor Horvat
Bühnenbildassistenz  Ansgar Baradoy
Kostümassistenz  Marina Rosenstein
Inspizienz  Tilla Foljanty
Übertitel  Andreas Schütte
Julia Kluxen-Ayissi
Wolfram Kastorp
Show more

 作曲家 指揮者 ピアノ 現代音楽 オペラ∩声楽曲


日付:2019年12月27日

2件のコメント

  1

このブログ(日記)へのコメント

Shigeru Kan-no

シュトットガルトのドイツで最も前衛なジャズ作曲家・ピアニストのウォルフガング・ダウナーが病気のため死去。1935年12月生まれの84歳。SWR2のニュースの始まりの音楽で有名。

2020年01月11日 16時37分38秒

Shigeru Kan-no

早速SWR2はウォルフガング・ダウナーの特集らしい。

2020年01月11日 20時48分47秒

2件のコメント

  1

トラックバック

このブログのトラックバック Ping-URL :
http://www.c-music.jp/tbblog.php?id=16352


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

よろしく
お願いし
ます

協会員登録をいたしました。よ・・・(星のジュウザさん)


この文章
をみんな
に推薦

とてもおしろい!https:・・・(Shigeru Kan-noさん)


異色の4
人組×朗
読 2/15
・・・

いよいよ2月となりました。「・・・(Nobue Kanekawaさん)


新規会員

星のジュ
ウザさん

クラリネットB♭・Aとバスク・・・


s.saitoh
さん

北海道出身。今は千葉のアマオ・・・


うっちー
さん

はじめましてモーツァルト が・・・


公開マイスペース

Bari-Tub
a Ense・・

ユーフォニアム・テューバアン・・・(LODさん)


紫苑交響
楽団 第
35回定期
演・・・

会場:尼崎アルカイックホール・・・(しおんさん)


【COR
PO S
URRE
AL・・・

■東京公演2月23日(日)1・・・(kaibunshaさん)