Shigeru Kan-noさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 202009月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

月別ブログ(日記)一覧

202009

202008

202002

202001

201912

416.GODienstag 15.09.2020, 20:00

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

416.GODienstag 15.09.2020, 20:00 

Gürzenich-Orchester Köln: Sinfoniekonzert 1

Renaud Capuçon Violine
Gürzenich-Orchester Köln
François-Xavier Roth Dirigent

プログラムは密になるので売らないで希望者に差し上げる。解説もなし。まず12人のファンファーレ隊。追加されたハースの「ホープ」と言う今年作曲された曲。スペクトル学派のように倍音の遊びで始まるが、上に行くにしたがってどんどん無調化してくる。きわめえてクラシック風に単純に聴こえる。4331Pk.

R・シュトラウスの13管楽器のセレナーデはこんなに短い。とは曲の存在は知っていたが実演は初めて。4つのホルンはわざと衝立付けて向かって右に置く?

休みなしでハルトマンのヴァイオリン協奏曲。弦楽器だけの伴奏。地味な近代音楽。ユニゾンはシュニットケを思い出す。66442.かなり暗く単純に書かれている。ここにはカプソン兄弟は良く出演する。第二楽章はバルトークのそれに近い。繰り返しはあるが民族的ではない。しかしバルトークのディヴェルティメントに近い響き。次はバルトークの第二協奏曲の音。最後はショスタコーヴィッチの弦楽交響曲風。

モーツァルトの34番。同じ弦、すなわち66443なのは自然。良くトレーニングされた良いアクセント。自然穴あきトランペットと手締めシングルスクリューティンパニ。6分33秒。

緩徐楽章は速いが自然に聴こえる。ヴィブラートもかけないが第一楽章よりはそれが特徴的に目立つ。6分51秒。

フィナーレは普通よりもずっと早い。あんなに金管を大きく長く伸ばして大丈夫か?そのカデンツツが聴こえる新発見。後半も繰り返すので7分02秒。

累計は69分。

こっちのコンサートはどこでも演奏中明かり付けるので国でこういうのがよき安く、書きやすい。


Programm
Richard Strauss
Serenade für 13 Blasinstrumente Es-Dur op. 7 TrV 106

Karl Amadeus Hartmann
Concerto funebre
für Violine und Streichorchester

Wolfgang Amadeus Mozart
Sinfonie C-Dur KV 338
Veranstalter
Gürzenich-Orchester Köln

 作曲家 指揮者 ピアノ 現代音楽 オペラ∩声楽曲


日付:2020年09月19日

トラックバック

このブログのトラックバック Ping-URL :
http://www.c-music.jp/tbblog.php?id=16436


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

417. ボ
ンの「国
立劇場」
・・・

Szenische Komp・・・(Shigeru Kan-noさん)


整理
古い楽譜を整理しました。一部・・・(シャルルさん)


Pretende
r [Off・・

Pretender作詞作曲:・・・(uzuさん)


新規会員

Yuriさん
はじめまして(^^♪関西を中・・・


hikoさん
皆様、初めましてhikoと申・・・


berrybe
rryさん

こんにちは。berryber・・・


公開マイスペース

金川信江
clarinet
〔音・・・

音楽.. 写真.. 心をほぐ・・・(Nobue Kanekawaさん)


足跡帳
足跡帳を作成しましたので書き・・・(tea for twoさん)


足跡帳
初めまして。何も解らずに登録・・・(さん)