uzuさんのトップページ〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

名前

白水 徹


ニックネーム

uzu


都道府県

大阪


誕生日

(非公開)


性別

男性


カテゴリ

サキソフォン(サックス)の専門家
作曲家の専門家
室内楽の専門家
器楽曲の専門家
吹奏楽∩管弦楽器の専門家


音声&動画

この音声ファイルを再生する

「右クリック」⇒「対象をファイルに保存」でダウンロードできます


 

ポッドキャストがご利用いただけるようになりました。
詳しくはポッドキャストの使い方をご覧ください。


uzuさんのアルバム


自己紹介

―――――――――――――――――――――
プロフィール
―――――――――――――――――――――
2002年 より、
楽器講師/ブライダル & セレモニー奏者 として活動を開始。
自身の「作曲・編曲」した楽曲を、インターネット上で公開。
楽譜・CD販売、ラージアンサンブル運営を始め、
コンクール審査員、スタジオミュージシャンとしても活動を展開中。

楽器歴 サックス  (23年)
    作曲    (17年)
    WEB制作 (17年)
    映像制作  (11年)

クラシックを基盤に
Rock・Pop・Jazz・Funk…を取り入れた
作曲と演奏の両方を行うアーティスト。

ジャンルや流行に関係無く、
年月が過ぎても 色あせない楽曲を
クラシック(スタンダード)と解釈して、
サックスの可能性を追求しています。

最近は、
現代音楽寄りの クラシック サックスではなく
より古典的なクラシックの普及に力を注いでいます。

サックスで、弦楽器群を担当して
他の管打楽器は、オリジナル編成で演奏する
サックス交響楽団を設立するのが夢です。



[ Sax Artist -uzu- ]
http://uzu.digick.jp/
sax@uzu.digick.jp

http://www.youtube.com/user/uzuz1979
https://www.facebook.com/uzusax
https://twitter.com/uzu1979


―――――――――――――――――――――
メンバー募集中!!
―――――――――――――――――――――

・サックスアンサンブル アポイオ(南大阪|堺|岸和田)
http://uzu.digick.jp/apoio-sax/

・サックスアンサンブル ジュンター(兵庫|芦屋|神戸)
http://uzu.digick.jp/juntar-sax/



上記は、
アマチュア指向のサックスアンサンブルです。


プロ指向の、
ピアノ・サックスアンサンブル
は、下記募集になります。

http://uzu.digick.jp/performance_04.html

―――――――――――――――――――――
サックス教室[新規 生徒募集中!]
―――――――――――――――――――――
* 大阪(堺|和泉|岸和田)にて、個人レッスン
*出張レッスン、吹奏楽パート指導、アンサンブル も行っています。

[営業時間] 8:00〜22:00 



―――――――――――――――――――――
サックス楽譜販売[ソロ|アンサンブル
―――――――――――――――――――――
好評発売中♪

http://uzu.digick.jp/sax/

友達からの紹介文


紹介文は登録されていません。

現在登録されておりません

現在登録されておりません

もっと見る

ファンクラブ

現在登録されておりません

登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

ENSEMBLE
SENDA・・

2019/10/13(日) ・・・(ensemblesendaiさん)


超絶的に
お久しぶ
りです

昨年の投稿の後、急な転職とか・・・(ブルーベリーさん)


やぎりん
トリオ・
リベルタ
CL

5月5日に出演させて頂いたコ・・・(Nobue Kanekawaさん)


新規会員

勝っちゃ
んさん

皆さんはじめまして。クラッシ・・・


yuuji51
さん

「クラシック名曲・名演・名盤・・・


imanari
さん

CD/mp3で聴く専門です。・・・


公開マイスペース

紫苑交響
楽団第34
回定期演
奏・・・

<日時>2019年9月7日(・・・(しおんさん)


フルート
とファゴ
ットによ
る初・・・

太田嘉子(フルート)・太田 ・・・(concertさん)


6/2sun.
トロンボ
ーンと・・

モダンな雰囲気の空間でのサロ・・・(Nobue Kanekawaさん)