むらしんさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 201906月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

月別ブログ(日記)一覧

201904

201903

201902

201901

201812

調性格の話に音律の話が出てこない謎

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

楽器店の書籍コーナーで、最近の音楽関係の書籍について見てきた。興味がある話題について少し本を買った。
 
調性格について難しそうに説明してある本を少しペラペラとめくってみたのだけど、目次を見る限り、音律についての話が1mmも出てこないのだ。驚くべきことに。
平均律の世界の住人達は、平均律に調性格が有ると、本気で思っているのだろうか?
 
・・・思っているのだろうなぁ。代わりに彼らには絶対音感というものがあるから、絶対音感が身に付いた耳で色々な音楽の経験を積み重ねていけば、それぞれの音の高さが何らかの意味やイメージと結びついてくる、ということがあるのかもしれない。
 
これは正直、私には理解できない。
 
2018年にショパンピリオド楽器コンクールがあった。そのピアノに施されていたのは、流石に平均律では無かったようだが、しかし古典音律の長所を最大限生かすようなものではけして無かった。演奏者もまた、平均律で積み上げられた語法の範囲内での表現にとどまっていたように思う。
 
古典音律がいかに理解されていないか、その壁を感じたコンクールだったがしかし、「ピリオド楽器コンクール」と銘打つ以上は、将来に向かってこの点は改善されていくはずだと希望を持ちたい。

 古楽 ピアノ


日付:2019年01月06日

トラックバック

このブログのトラックバック Ping-URL :
http://www.c-music.jp/tbblog.php?id=16221


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

ENSEMBLE
SENDA・・

2019/10/13(日) ・・・(ensemblesendaiさん)


超絶的に
お久しぶ
りです

昨年の投稿の後、急な転職とか・・・(ブルーベリーさん)


やぎりん
トリオ・
リベルタ
CL

5月5日に出演させて頂いたコ・・・(Nobue Kanekawaさん)


新規会員

勝っちゃ
んさん

皆さんはじめまして。クラッシ・・・


yuuji51
さん

「クラシック名曲・名演・名盤・・・


imanari
さん

CD/mp3で聴く専門です。・・・


公開マイスペース

紫苑交響
楽団第34
回定期演
奏・・・

<日時>2019年9月7日(・・・(しおんさん)


フルート
とファゴ
ットによ
る初・・・

太田嘉子(フルート)・太田 ・・・(concertさん)


6/2sun.
トロンボ
ーンと・・

モダンな雰囲気の空間でのサロ・・・(Nobue Kanekawaさん)