むらしんさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 202004月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

月別ブログ(日記)一覧

202003

202002

202001

201912

201911

201910

201909

201908

201907

201906

Youtubeにモーツァルト K.331第2・3楽章をUPしました。

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

Youtubeにモーツァルト K.331第2・3楽章をUPしました。
 
(1楽章 https://www.youtube.com/watch?v=QupcavuFBhM
2楽章 https://www.youtube.com/watch?v=5S92nO-NLVM
3楽章トルコ行進曲 https://www.youtube.com/watch?v=5Xr1-IS8y3A
 
長年、古典音律に取り組んだ私でも、中全音律には少なからず抵抗がありましたが、ワガノワバレエ学校の中全音律ピアノを聴いて、少なからず影響を受けたと思います。

「平均律が存在しない音楽世界」というものが有り得て、その世界では「平均律と違うから」という批判は何の意味も持たないという事に気付かされました。私は基本的には「楽曲ありき」で、それに合う音律はどれか、という見方をしていましたが、逆に「音律ありき」で、それに合う曲を探す、あるいは曲が合わなければ曲を調律に合わせて改変する、ということをしている人も 居た/居る 訳で、それも1つの音楽の在り方なのです。
 
 

 古楽 ピアノ


日付:2020年03月08日

トラックバック

このブログのトラックバック Ping-URL :
http://www.c-music.jp/tbblog.php?id=16370


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

ストーリ
ーで音楽

インスタグラムにストーリーと・・・(Nobue Kanekawaさん)


コロナの
影響で

https://www.st・・・(小原 なお美さん)


ワークシ
ョップ参
加者募集

北九州芸術劇場主催の「合唱物・・・(ブルーベリーさん)


新規会員

berrybe
rryさん

こんにちは。berryber・・・


星のジュ
ウザさん

クラリネットB♭・Aとバスク・・・


s.saitoh
さん

北海道出身。今は千葉のアマオ・・・


公開マイスペース

Bari-Tub
a Ense・・

ユーフォニアム・テューバアン・・・(LODさん)


【COR
PO S
URRE
AL・・・

■東京公演2月23日(日)1・・・(kaibunshaさん)


【COR
PO S
URRE
AL・・・

日本とデンマークが共同制作!・・・(kaibunshaさん)