Shigeru Kan-noさんのブログ(日記)〜クラシック音楽の総合コミュニティサイト Muse〜

Museでクラシック音楽を通じて素敵な出会いを

Password


次回から自動的にログインする。

« 201906月 »

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

月別ブログ(日記)一覧

201907

201906

201905

201904

201903

201902

201901

201812

201811

201810

201809

386.5月26日、文京区民オーケストラ定期演奏会。

前の日記(ブログ)                         次の日記(ブログ)

ここの前指揮者作曲家の松下功氏の追悼演奏会。最後に聴いたのはやはり東京でISCMのコンサートでアラバスターだった。入場の際招待券貰ったので買わなくて済んだ。ロビーに最初の曲の楽譜が展示されている。当時と晩年までのスタイルがあまり変わらないアカデミックさは変わらない。フランス風なテクスチャー。3 W, Cb.6 の14型の涅槃交響曲的な音響。WWのパッセージが出てこない。アラバスターにもあったティンパニ上のシンバル。混ぜるともう聴こえて来ない。一柳風のオステイナート。打楽器5、ハープピアノ。松村禎三風名rhythm。武満構造法。ユンのような極東に取り残されたような旋律型。バルトーク対斜のようなブルーノート和音ヴォツェックのような長三和音の増減法の終わり方。26分。

後半のラプソディー•イン•ブルーはどこでもやるポピュラー音楽。音響は悪くないが後ろの方ではかなり濁る。21’50", Ymaue,Tsuchiya,BKO.アンコールはロマンチックな組曲。全然松下らしくない。
コンバスは七本とも5弦、トランペットは二本ともロータリーで文京のあマチュアの楽器の充実ぶりがわかる。13’35”。ヴィブラートを点けないコンマスのソロはこの曲では初めてだ!8’45" 。眠りと活性作用のバランス感覚。5’15"。離れている楽器ほど合いにくい。クワジ•アレグロ。アッチェレランドは難しい。17’55"。
アンコールは松下功の通りゃんせ。外山雄三のラプソデイーみたいなもの。ホルン7、東京臭い音楽。

 作曲家 指揮者 ピアノ 現代音楽 オペラ∩声楽曲


日付:2019年06月29日

トラックバック

このブログのトラックバック Ping-URL :
http://www.c-music.jp/tbblog.php?id=16282


登録して素敵な出会いを見つけよう!

Museカテゴリー

フリーワード検索

新規ブログ(日記)

酔っぱら
ったピア

ラモーの中全音律の面白さを、・・・(むらしんさん)


ショパン
「雨だれ
」をYout
・・・

 ショパンのエチュードの制作・・・(むらしんさん)


ラモー「
和声論」
の日本語
訳本

自然の諸原理に還元された 和・・・(むらしんさん)


新規会員

tea for
twoさん

皆さま、こんにちは♪私は自身・・・


Tomomiさ

はじめまして、Tomomiと・・・


勝っちゃ
んさん

皆さんはじめまして。クラッシ・・・


公開マイスペース

紫苑交響
楽団第34
回定期演
奏・・・

<日時>2019年9月7日(・・・(しおんさん)


フルート
とファゴ
ットによ
る初・・・

太田嘉子(フルート)・太田 ・・・(concertさん)


6/2sun.
トロンボ
ーンと・・

モダンな雰囲気の空間でのサロ・・・(Nobue Kanekawaさん)